サマヨッタの活動記録Ⅲ

06« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»08

京都をさまようカードゲーマー。

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit ]

カテゴリ: スポンサー広告

cm / --tb / --   - page top -

3色ハルヒver.1.2 

2010.02.28
Sun
14:05

昨日の反省を忘れないうちに更新。
本当に三色ハルヒは自由度と使えるカード枚数が多くて、チューンする楽しさが格別だなぁ。
L0:15(12/3 赤:8 緑:3 青:4)
涼宮 ハルヒ:1
温泉のハルヒ:4
長門 有希:4
おめかし鶴屋さん:3
両手いっぱいの花束ハルヒ:3

L1:11(7+α/2 赤:4 緑:7)
ビーチバレーみくる&鶴屋さん:3
"いつも"のハルヒ:2
浴衣のハルヒ&みくる:2
ネコミミ鶴屋さん:2
時をかける少女みくる:2

L2:9(5/0 赤:3 緑:5 黄:1)
ミラクルガール みくる:2
異時間同位体みくる&みくる(大):3
部室の長門&古泉:1
色褪せた世界:3

L3:7(7/0 赤:3 緑:2 青:2)
トラブルガール ハルヒ:3
ネコミミみくる:2
おめかし長門:2

CX:8 (赤:3 緑:5)
禁則事項です:3
サムデイ イン ザ レイン:3
もうボロ儲けだよっ!:2

赤:緑:青=22:21:6
総トリガー数:15

バニラ万歳。
これほどバニラが便利なカードゲームがあるだろうかw
以下チューン点の説明です。

○トラブルガール・サムデイインザレインの枚数
4:4だと高確率で2連打が可能ですが、ネコミミみくるのおかげで速攻で終わらせる必要が薄れるので、1枚ずつ削ってみくると鶴屋さんに枠を割譲。3枚中2枚は手札・控え室に抱えられるようなプレイングが目標。

○ネコミミみくる
とりあえず2枚投入。ネコミミみくると絆を持ち、色褪せた世界のコストにもなるL1鶴屋さんも採用。
代償としてL0の枚数がさらに低下しましたが、L0アンコール持ちを7枚も投入しているために戦線維持は可能と見ます。
今までは回収先はL3ハルヒ・長門で安定でしたが、これからはみくる+αで回収していくことになるでしょう。

○トリガーの改善
ネコミミみくるの投入によりサムデイへの依存率が下がり、トリガー枠の確保が容易になりました。
これで標準枚数の15枚を確保することに成功。同デッキ対決のときに僅かながらアドバンテージを得ることができます。

○後列キャラの変更
これは『とにかくCXをストックに食ってしまう、しかも処理できない』という3色ハルヒの明確な欠点を埋めるための花束ハルヒ採用。
実際昨日の大会ではCX5帰りが毎度のことで、良くて6帰り。
運次第では最悪4枚帰りという悲惨な状況で戦わざるを得ない状況に追い込まれるため、CX処理の必要性を強く感じました。
副次的なメリットとして、色褪せた世界の安定性の向上という点も上げられるのも嬉しいところです。
これによりL0バニラハルヒを1枚削ることも可能になり、間接的にネコミミみくる&鶴屋さんのスペースの確保にも貢献しています。
同様の理由でネコミミ鶴屋さんを2枚採用。
こちらも絆・色褪せた世界のコスト・CX処理・後列除去と一石四鳥の優秀なカードです。

また、サイン会みくるの「CXを捨てる」というのが、思いのほかデッキコンセプトに合っていなかったことも理由としては上げられます。
サムデイや禁則事項を簡単には捨てられないこと、ボロ儲けは単体で新しいカードと交換できることなどを鑑みて、不採用の運びとなりました。

○色不足とL2の安定性
上での後列の改革により、緑の枚数はかなり薄くなっています。
ここで活躍するのがミラクルガールみくるです。
トラブルガールの枚数減もあり、微妙と言わざるを得なくなってきた勝利宣言をアウト。
同じ枠にミラクルガールみくるを採用、これにより色とL2の両面での安定性の向上に成功。
チェンジコストも考えれば、結果的に勝利宣言とストックフローは変化ない点も高評価。

○助太刀枚数の調整
確かに朝比奈さん(大)先出しは有効な場面も多いのだけど、この時に貰う1点が後々どれほどの影響を与えるのかを理解しました。
その代わりトリガー、終盤のL3使い回しの妨害という点で優秀な古泉を1枚採用。
色褪合戦になりがちなハルヒとのミラーマッチでは有効な働きを見せてくれるでしょう。

◎総括
ネコミミみくるを中心にハルヒネオスタンは回っているという結論。
自分で考察していながら何だけど、デッキそのものがガチガチにシナジーしまくってて、横に繋がっていないカードが全然無いです。
今までデッキにおける意味を持たなかったカードが、ネコミミみくるを入れた途端に他のカードとの見えないシナジーによって生き生きとしてくるのが非常に興味深い。
枚数調整や枚数減、細かいチューニングはまだまだにせよ、大元としての3色ハルヒネオスタンのひとつの完成形とも言えるようなデッキに仕上がったんじゃないでしょうか。

それと、デッキの見た目的にも非常に楽しいですよね。L3でしっかりSOS団三人娘をフル活用できるところとか。
古泉で妨害、みくるで守り、長門で崩し、ハルヒで攻める。デザイナーの頭の中のキャラデザインをしっかり生かせている気がする。
SOS団的にはやっぱりキョンも採用したいので、どうか消失EXパック宜しくですブシロードさん!
スポンサーサイト

edit ]

カテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ_デッキ

cm / 0    tb / 0   - page top -

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://samayotta.blog81.fc2.com/tb.php/115-6b5c362d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。