サマヨッタの活動記録Ⅲ

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

京都をさまようカードゲーマー。

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit ]

カテゴリ: スポンサー広告

cm / --tb / --   - page top -

【WS】デッキの我流構築法 レベル2~3編 

2010.05.21
Fri
23:41

*自分の主観が全開なのであまり信用しすぎないように。
・レベル2
作るデッキそれぞれによって随分違うので一概にまとめることは出来ないけれど、おおまかに二つのタイプに分けて説明します。

-L2主軸デッキの場合
当然のことながら、L2主軸のデッキの場合はデッキコンセプトの中心となるカードが入ってくると思います。
小毬なら《おめかし小毬》が入るだろうし、夜天はやてならば《最後の夜天の主 はやて》が入るわけです。
この枚数が何枚になるかはそのデッキによります。
詰め込みたいカードがあるなら、まず下級を切り詰めていきましょう。
ただし、レベル1の戦闘力を大幅に切ってまでレベル2に力を入れるのは考えものなので、そこらへんはうまく帳尻を合わせて下さい。

これらの後列展開型のL2勢は、そのオーバースペックの代償に一度崩壊すると非常に脆いという弱点を抱えていることが多いです。
特にチェンジ音姫・初春や夜天はやてなどはその性質が強く、一度崩れたら次はないと思ってください。
先出しにしろ、後列布陣にしろ、死ぬ気で頑張って出した自分の主力は絶対に守るべきで、守れる構築にしなくてはなりません。
守る手段はやはり助太刀になりますが、3000助太刀でないと対処しきれないことも少なくないです。
最も良いのは助太刀込みで15000、それが無理なら最低でも13000は欲しいです。

できるなら、レベル2時点で回復要素を搭載できるといいかもしれません。活躍できるターンを伸ばせるために有利に戦うことがでいます。
ただ、回復のために助太刀を握れず主力を潰されては本末転倒なので、うまく具合の良いようにしてください。

-L3主軸デッキの場合
「パワーライン雑考」で考えたように、レベル1をしっかり戦っていて、何もしなければレベル2帯はあっという間に過ぎて行くはずです。
通常1ターン~多くて2ターン、何もしない状態でレベル2が3ターン続くのは結構稀です。
搭載するのはこの1ターンの間に出来ることだけで十分です。L2前衛5、6枚もあれば十分です。

ただし、戦闘を無視するのは相手を利するだけなので、しっかりと盤面の掃除は出来るようにしましょう。
オススメは修正値の大きいCXシナジーパンプ。全体パンプだとさらに◎。
特に安いコストで大きな働きの出来るキャラを数枚採用するのが扱い易いです。

L3軸の場合は、L2ターンエンド時までにL3帯の準備を整えておくことが大事になります。
ここでL3勢と対応CXが手札に揃っていないのではL3軸にしている意味がないので、回収イベントなりシナジーなり、クロックドローの取捨選択なりできちんと握れるようにしておくのがポイントです。



レベル3編は書くかどうかは不明。
何よりデッキやエキスパンションによって変わりすぎる。選択の余地がないタイトルもあるし。
スポンサーサイト

edit ]

カテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ考察

cm / 0    tb / 0   - page top -

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://samayotta.blog81.fc2.com/tb.php/204-be36b162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。