サマヨッタの活動記録Ⅲ

08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10

京都をさまようカードゲーマー。

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit ]

カテゴリ: スポンサー広告

cm / --tb / --   - page top -

【勉強】第1回駿台全国模試 

2010.06.13
Sun
22:40

自分のテスト点数なんて後々見返さないだろうし、ましてや自分の穴なんて思い出すわけもないのでメモ程度にここに書いておく。
こうすれば後々見直すこともあるだろうし、何より復習やらない→やる気ダウン→存在を忘れるの去年の過ちを犯すこともなかろうと。
点数は自己採点。
国語:153(現代文:76、古文:46、漢文:31)
現代文:○
第一問、第二問共に難易度平易。
特攻婆さん(笑)
駿台全国は文章の内容がやたら簡単なため、普段のテクストとの落差が激しくなかなか模解のような文章を作りにくいのが非常に面倒。
駿台の授業でやるものとも全く異なっているので、別に校内生が有利というわけでもないのがつらい。
記述題を△-10点で見て、選択肢一つ落として-24。まぁアドといっていい点数。
古典:○
これは今回アドバンテージを大きく取れる要因になった。
やっぱり助動詞を叩き込むと古文の読みやすさが全く違う。購読の某先生に早朝再試食らった甲斐があったというもの。

いくつか文中の「ぬ」に傍線が引かれてて用法が異なるものを選べという問で、a:完了を見て強意を答えさせる問題かと早とちりし、強意のbをささっと解答用紙に書いて次に行ってしまったのは非常にもったいないミスだった。
d:断定「なり」というオチ。

数学:104?(暫定)
大問2の待ち伏せがおにちく。
チャートレベルを超えていたくせに簡単そうなので、ほいほいと向かっていって処理能力が追いつかず時間と集中が切れて圧敗パターン。
3はテンプレ、4、5に関しても気付いてしまえば楽な問題。
尚のことを得点できなかったのが悔やまれる。試験会場ではそういったものが一番難しいっていう説はあるけれど。

第一問:小問集合 △
絶対値の不等式で等号の向きを書き間違えて圧敗。
(2)を落とすのはしゃあないとしても、これは酷い。
(3)の必要十分条件は一昨日の数学の駿台の講義を聞き漏らしていたら危なかった。ここは駿台様さまといったところかなぁ。

第二問:二次関数の最大最小 △
(1)、(2)ともに場合分けまではセーフ。
ただその最小値の中から最大値を選び出す作業がうまく行かず、結局絞り込みまでは届かず。
途中でaの範囲が違うから比べられないんじゃね?とか考えたのが運の尽き。
とりあえず答えの数字は解答用紙に書いたはずなので、そこそこ途中点はくれると思うのだけれど。

第三問:円に内接する四角形 ○
去年の秋の河合で完答できた問題の亜種。
とりあえず(1)、(2)まではほテンプレで回答、続く(3)も、少し考えれば円周角→二等辺三角形→円周角でcosを引っ張ってこれるので、数字を出すところまでは出来た。
ただ、(3)はラストにCDの値に応じて場合分けをしなければならず、そこに気付けなかったのはやや痛いミス。
おそらく-5点ほど食らったかな。

第四問:反復試行の確率 ▲
(1)は普通に反復試行の計算のみ。
場合分け3パターン演算して排反足して答えのテンプレ問。
(2)も普通に最大4回で終わることに気づければ、(1)と同じ作業をあと2回するだけなので楽勝……のはずなのだけれど、試験中(2)において4回で終了することに気付けなかったアホがここに一人。
あと10分やってりゃ30点とかハハッワロス。

第五問:平面図形と相似 ×
相似とか思考の埒外でした^q^
方べきとメネラウス連打で解けなかったからと投げた問でした。残念。

英語:105
第一問:文法 △
知らないもんは知らんとです。
こういうの高2から真面目に英語やる気になってる人間には喧嘩売ってると思うの。
まぁalmost間違えてるのは言い訳できないけど。

第二問:長文 ○
簡単なほうの長文。
マイケルのいい奴っぷりと無駄骨に乾杯。別にマーク連れてく必要あるのかそれ?w
英文和訳を2問完答できたっぽいので、一昔前に比べれば大きな進歩でしょう。
「エクストリームスポーツとは何でしょう?」を間違えたのは問題かもしれない。エクストリーム謝罪せざるを得ない。

第三問:長文 △
難しいほうの長文。
注釈の・ゲシュタルトに目が行ってしまった人間は挙手しなさい。
とりま内容が英文のレベルじゃなく、これを前提知識無く初見で解くのは結構難易度高そう。
最も問題なのは、この文章中で連発された「tend to」を忘れたことに他ならない。良くない傾向。
まぁ和訳ふたつのうち1つを何とか答えられたこともあり、一応そこそこの点数にはなっているよう。

第四問:英作文 ○
俺にしてはという感じでよく出来た。
英語やり始めて三ヶ月の人間でこれだけ取れるなら問題あるまい。
付帯状況withを使う問題でkeepを使ってしまったんだけど、ググってみるとkeepはし続ける、連続する動作の意味があるようで、これとは随分違うのね。

第五問:リスニング △
早朝ウォーキング+ターゲットリスニングの成果が少し現れたかも。点数が増えたよやったねたえちゃん。
いやまぁ後半のとかはわりと当て感なんですけどね。あと出来ればもう一問は取りたいなぁ。


結果:△
全体的に国語がプラスで動いた。
やはり古典の助動詞の徹底だけで随分点数が変わったように見える。
英語も低めの点数ではあるものの、自分の記録としては上を更新できそうなので良し。この調子で点数を五点ずつでも上げていきたいね。
問題は数学の低迷っぷりだなぁ。半年前は国語並の戦闘力を発揮していたのに。
チャート演習をサボったツケはやはりこういう形で現われてくるのか。

で、去年の化石さんの記事とか漁ってると、自分の至らなさがはっきりと分かってさらにヤバい。
やはりチャート二週目しかないかな。夏休み終わるまでが目標で、目指せ300題的な。

サブ教科の試験は高3になってからか。
今のうちに日本史を完成させて信頼できる点数源にしておきたいところなんで、中間後もせめて日本史だけは復習をしっかりしておきたいなぁ。
スポンサーサイト

edit ]

カテゴリ: 勉強

cm / 0    tb / 0   - page top -

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://samayotta.blog81.fc2.com/tb.php/226-dc1a13f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。