サマヨッタの活動記録Ⅲ

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

京都をさまようカードゲーマー。

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit ]

カテゴリ: スポンサー広告

cm / --tb / --   - page top -

【ライトノベル】電撃6月新刊感想まとめ 

2010.06.21
Mon
23:57

とりあえず新作4つとユンカーさんから借りた 影の現象学/河合隼雄(講談社学術文庫) を読了。
後者についてはこのブログでは詳しく取り上げないけれど、影とトリックスター神話の話など非常に興味深いものがあった。
影との対話なんて一介の学生がやろうとして実践できるもんでもないけど。色々ヤバいだろうし。
堅苦しい議題についての話題だけれど、読者が読み解きやすい文章となっていて読みやすかったのも良かった。
テクニカルタームの連発になってしまうと、基本的に私のような飽き性の人間は読む気がどんどんと減退していくので、このくらい読みやすい文体でちょうど良い。

6月MF予定:IS <インフィニット・ストラトス> 5
アクセル・ワールド5 ―星影の浮き橋―/川原礫
一行感想:タク……無茶しやがって……

台詞が表紙の一言とちょっと……!

本格参戦した師匠さんのキャラが非常にいいね、何よりアッシュが絡むとさすがのツッコミ側っぷりw
ギャグ担当の新キャラ何かも出てきて、より一層リンカーたちが魅力的になっています。

しかし終盤のハルたちがリアル中二病で吹いた。
静まれ俺の右手……!くっ、もう抑えられない!来るな、皆!
的な。
相手さんもノリノリすぎ。クロムは錆ないんだぜ的な話は本人同士は超クールな会話に聞こえるんだろうけど、そろそろ黒雪姫あたりはアイタタタタとか思ってるんじゃないのか?w

後書き、サグたんと仲良いなぁ。
コミティアの宣言通りロリきゅーの18禁同人待ってるんで頑張ってくださいね!!!111

ロウきゅーぶ! 5/蒼山サグ

一行感想:葵さんマジヨゴレ役

意味もなくドラマに挿入される入浴シーン並のどうでも良さです。
ええい、葵はいい!智花さんを映せ!

訓練されたタコに智花さんがうねうねされたり水着ポロリぎゅっだったりベタな星見エピソードだったりさりげなくアピール入ってたり智花さんマジ智花さん。
駄目だ、智花さんが全ての黒幕の読みしか出来ないwwwww

今回は持ち回りでメインひなたの回だったんですけど、他と比べてそれほどクローズアップされたわけではなかったですね。
いやまぁラストのあれもありますけど、全体として智花さんがやっぱり活躍してたんでそこまでインパクトが無かった。
電撃文庫の「ひなた」にはとてつもない大量殺戮兵器が存在するので、名前被り的におそらく苦しい。
kaguyaとロリきゅー読者がわりと被ってるのは知ってるけれどw

しかし本文中の自転車の比喩といい、こっちもこっちで川原と仲良いんだなぁw
是非サグたんは黒雪姫の同人でもお願いします。もしくはてぃんくるがアバターを……ないな。


ヘヴィーオブジェクト2 採用戦争/鎌池和馬
一行感想:ヘイヴィア爆発しろ

ミリンダ空気。
さすがかまちー!俺たちに出来ないことを平然とやってのける!そこにシビれる憧れる!
禁書さんとは仲良くできそうです。

実はヘイヴィアは相思相愛の婚約者持ちでしたwwww何というwwww
彼女の口調がいつものかまちーなんだけど、これって「超」を抜いた絹旗的な何か?
しかしよくもまぁ変な口調を考えつくよなぁ。

禁書読んでるとニヤリと出来る要素が結構。
ゴバッ!!とかそういう擬音語から「主人公をやりてぇんだよ!」みたいな台詞とかで、一応禁書読者も少し考えてるのかなぁという印象。

オブジェクトって散々強い強いいわれてる割にはそんなに強くなくないか?
学園都市の対ロシアアンチスキル部隊のほうがよっぽどえげつない気がする。
今回でクウェンサーも色々成長したようなので、少し今後の話が深みが出ればいいなぁ。
超ミリタリーなものを書きたいのは分かるけれど、さすがにこの手のものは最近の禁書だけでいい。

なれる!SE 2週間でわかる?SE入門/夏海公司
一行感想:IT土方怖い……

参考リンク:http://www30.atwiki.jp/blackmatome/pages/32.html
これの映画見たかったなぁ。ツタヤで借りられるかしら。

就職戦争で追い詰められた主人公がころっとIT土方にされて四苦八苦するお話。
情報公開当初はヒロインは主人公が人生の最後に見た幻覚じゃないかとまで言われてたわけですが、普通に人間でしたwww
しかし2日でそれなりのプログラムを組めるようになっちゃう主人公って実はすごくないか?
昔CとかPHPはほんの少しだけ齧ったけど、そんなすぐすぐ使えるようになるものか?
鯖のコンフィグなんてどんな風に書くのかも知らないけれど、とりあえず結構スゴそうなのは分かった。

終り方的には続刊出るかどうかは五分な感じだなぁ。
強引に続けようと思えば続けられるだろうけれど、これ以上続ける必要があるのか?と言われるとそうでもない。
アスキーで連載するらしいから分からないけれど。

しかしこれを読むと本当にSEって大変な仕事なんだなぁと思う。
オフで某氏と話したときはそうでもないよ?みたいな話を聞いたけどどうなんだろう。
これからの展望を考えればこういう業界が伸び代大きいとも言っていたし、やはり企業次第ということか。

スポンサーサイト

edit ]

カテゴリ: ライトノベル

cm / 0    tb / 0   - page top -

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://samayotta.blog81.fc2.com/tb.php/232-a5ef0b3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。