サマヨッタの活動記録Ⅲ

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

京都をさまようカードゲーマー。

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit ]

カテゴリ: スポンサー広告

cm / --tb / --   - page top -

【WS】白的勝ち方 黒的勝ち方 

2010.09.05
Sun
22:02

ヴァイスの勝ち方は白的勝ち方、黒的勝ち方の2通りがある。

単純明快なのは黒的な勝ち方。
手っ取り早く言えば盤面制圧。
単純に「強い」って書いてあるカードを使って盤面を制圧して、そこから得られる様々なアドバンテージによって優位に立って勝つ。
またの名をパワーゲー理論とも言う。いわゆる戦術的勝利を積み重ねていく形。

これを突き詰めたのが過去のリームであり、今のフェイトアルフであり、前回WGP予選くらいの時期の緑アイマスであり。
で、こいつらは世代交代が激しくて、トップに残り続けるのはかなり厳しい。
パワーゲーに勝てないパワーデッキほど残念な物はない、ってのはこのブログでも随分書いた気がする。
《リームシアン・ラ・ヴァース》っていう、書いてあることは「単純に最強」のカードがあってすら、パワーゲーに負けかねないイクサは今の環境ではトップと言いがたい。


白的勝ち方は大局的視点からのゲームメイク。
《休憩!》とか《トラブルガールハルヒ》とか《華麗なるガンプレイ ドライ》とか、そういうエンドカードに成りえるカードたちを、最適な状況を構築して的確な場面で複数打ち込むことで勝利を確たるものとする。
で、そういう最適な状況を構築していくために、どういうデッキを作ればいいか?って考えながら戦うのがこういうデッキ。
黒が戦術的勝利を積み重ねるなら、白が目指すのは最初から戦略的な勝利、達成されるべき戦争目的を見据えた動き方をする。

本家の戦争話を引っ張ってくるまでもなく戦術的勝利もある程度必要で、拮抗ないしはやや有利程度の盤面力は欲しいところ。
戦術的大敗を喫しておいて戦略的勝利も何も無いわっていう。
盤面で負け続けるとゲームエンドカードの威力が低下するばかりか、そのカードを手札に維持する体力すら無くなってしまう。

これらの代表例がおそらく青赤構築のハルヒでありリトバスでありFateであり。
フィニッシャーとしての回復・焼き・トップコン、潤滑油としてのドロー・サルベージを考えると、こういうデッキは必然的に青と赤に偏る構築になる。
例外は《水着の和泉子》くらい。それだって青赤黄の3色になるんだけど。


こういう視点からデッキ全体を見渡して、きちんと根底の理念が貫かれているかどうかみたいなことも重要じゃないかと。
ネオスタンのファンデッキ構築は黒的勝ち方に寄りつつも少し白的にひよった構築が多い。
何となくチェンジ入れてみて(ryみたいなアレ。
これが勝つWSをするためには一番やってはいけないことなんではないかと思う。
このTCGであえてガチとファンの差をつけるとすればこの点か。
スポンサーサイト

edit ]

カテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ

cm / 0    tb / 0   - page top -

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://samayotta.blog81.fc2.com/tb.php/299-c03a2e20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。