サマヨッタの活動記録Ⅲ

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

京都をさまようカードゲーマー。

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit ]

カテゴリ: スポンサー広告

cm / --tb / --   - page top -

【WSコラム】微妙に役に立つテクニックその1 

2011.01.05
Wed
10:06

○前提条件
・デッキ1周目かつ序盤~中盤で相手のデッキに余裕がある
・このターンソウル上昇CXが貼れて、次のターンも高ソウルで殴れる準備があるとき
・打点が巨大すぎると意味がない。2~3点がベスト、せいぜい4点。

主にL1~L2で打つCXのダメージを高めるテクニック。
っていうか、相手のCXは均等になっていることを想定しながら打点を突っ込むだけです。
それなりに有用なテクニックなので、殴る順番の決定時に頭に入れておくと得をします。

相手のデッキのパターンとして

1)CXのが上に固まる
2)CXが下のほうに固まる
3)CXが均等である

を想定します。ここにソウル+2を貼って殴るとき、
まず1番のときは、3キャンされたとしても相手の圧縮率を大きく下げることができます。次のターンで高ソウルをお見舞いしてやればダダ通りというものです。
2番のときは、問題なく全打点が入りますので、これは問題なし。次のターンのソウル上昇は抑えめにすべきですが。
面倒なのは3番のときなので、この場合について考察しておけばよいことになります。

○具体例
ソウル3、2、2で殴るとします。
相手が前ターンのトリガーでCXを見ていない場合は、まず2点でアタックしてみます。
実質4~6枚目(先ターンのトリガーを含めて)となる初回アタックは、かなりキャンセルされる率が高いので、3点で殴るのは損です。
もしこれが通ってしまった場合、次も2点で様子を見ます。
相手がキャンセルした直後のアタックで、最も入れたい3点を入れます。
ここで2(キャンセル)→2→3点としてしまうと、どちらもめくる枚数では同じなのに、3点が入らないぶん損します。

CXが最後のトリガーでめくれた場合、こちらの打点は3→2→2が効果的。
2→2→3では、合計4点しか入らない可能性が前者に比べ高くなります。
1枚目でめくれていた場合、2点からスタートするのが無難となります。

《トラブルガールハルヒ》なんかの時も考えておくと得をしたりします。
例えば、2点+ハルヒ+ハルヒだったりする場合は、先に2点で叩いて、次にバーンの1点を飛ばすと有効です。

○応用
例えば、ソウル+2は他のCXを次のターンに打つ準備をすると効果的です。
通ればそれで強い、通らなければ次のターンにCX打てばかなり通ってくれます。
自分のCXの居所に自信があるなら、終盤のクロックドローをするか否かの判断材料とすることもできます。
相手の最後のアタックをキャンセルした後なら、あまりCXを引くことには期待できません。逆に、最後のアタックを通した後ならば、CXを引いてくる可能性は比較的高いと言えます。

また、される側の立場になったとき、運良く多くキャンセルできたなら、「集中」を使ってデッキを削っていけると最高です。
2回くらい使うと元の圧縮率程度に戻って、ただのキャンセル得をすることができたりします。
そうそうナイスタイミングで集中キャラを引けたりすることは稀でしょうが、+2を打ってきそうなデッキとの対戦の場合は、なるべく集中キャラをキープするようなプレイングが有効と言えます。

○注意点
・相手が物凄い勢いでピタキャンしてドロークロックトリガーでCXを一枚も捲らなかったりすると意味がありません。諦めてください。

・あくまで目安、アタック順番の決定のときの判断材料というだけであり、過剰に信頼しすぎないように。特に終盤ではアタック順を再考することをおすすめします。

・3キャンされたのに次のターンの打点が1-1-1だったりすると泣けます。
有効に活用するにはCXを打ちやすい構築、ソウルを上げやすい構築そのものも必要です。
スポンサーサイト

edit ]

カテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ考察

cm / 6    tb / 0   - page top -

この記事に対するコメント


すごくためになりました!ありがとうございます!
自分もこのようにアタック順番やソウル調整できるように
頑張ってみますね!
2011.01.05 15:19
URL | temzoc #- [ edit ]

ソウルビート系のデッキ使ってると必須プレイングですよねー。
この意識の差で大分打点変わりますし。
知らなかった時期のソウルビート勝率は悲惨でしたね。
2011.01.05 23:44
URL | タニタカ #- [ edit ]

ある程度は意識してきましたが、ふわふわした曖昧なものだったので、この記事ですっきりしました。ありがとうございます。
その2に期待しつつ……。
2011.01.06 10:09
URL | me #- [ edit ]

>相手が前ターンのトリガーでCXを見ていない場合は、まず2点でアタックしてみます。
このくだりがわかんないです・・・
2011.01.09 00:45
URL | #- [ edit ]

コメントありがとうございます。
放置中で大変申し訳ありません。

>Temzocさん
煽られたwww
こういう分野ではTemzocさんには絶対勝てる気がしないですww

>タニタカさん
CXを貼るタイミングは非常に重要なポイントだと思います。
休憩1枚打つのと同じくらいの効果はあるかと思います。

>meさん
お役に立てれば幸いです。
《リトルバスターズ!》はこの視点で見ると非常に優秀なCXのうちの1枚だと思います。

>名無しさん
分かりにくい記述をしてしまい、申し訳ありません。
先のターンに行った相手のアタックのトリガー*3回で、CXがめくられていないときに、まず2点で殴って様子見をするということです。

3点で殴ってしまうと、(自身のトリガーは含まず)実質的に4~6枚のカードをめくることになり、損となります。
2点で殴った場合は、4~5枚目をめくることになり、3点よりは幾分マシで、キャンセルされたとしても、1~3枚目で3点を試すことができるようになり、得となります。
2011.01.25 18:04
URL | サマヨッタ #4N6uWjS2 [ edit ]

なるほど!わざわざ自分なんかの為に詳しい説明ありがとうございました;
いつもこのブログ参考にしてます。陰ながら応援してますので今後とも頑張ってください!
2011.01.26 00:23
URL | 名無しさん #- [ edit ]

page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://samayotta.blog81.fc2.com/tb.php/427-0e90cad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。