サマヨッタの活動記録Ⅲ

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

京都をさまようカードゲーマー。

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit ]

カテゴリ: スポンサー広告

cm / --tb / --   - page top -

【WS考察】タイトルの分類について 

2011.02.06
Sun
12:03

そもそもバランス白黒コンボの分類定義について書いていないことに気付きました。
昔ちょこちょこブログに書いてた気がするのですが、この機会にまとめておきます。
○バランスデッキ
代表例:ネオスタンD.C.【赤青生徒会】
いわゆる全うに"ヴァイスシュヴァルツ"するデッキ群。
回収、ソウル2アタッカー、盤面制圧、回復などの基本的な勝利要素を搭載し、ラストターンまで正統派の動きを行えることを主眼に据えたデッキ群を挿します。
例に引いたD.C.生徒会なんかはその典型ですね。
回収イベント、アンコール付与、ソウル2アタッカー+回収助太刀、回復イベント、レベル3+レベル応援などの基本的な強い動作を一通りこなすことができます。
最後まで回しきるのに大した苦労も要しませんし、精神的な負担はもっとも小さいです(これは馬鹿にならない要素です。白いデッキを7回戦全力で回すのは、相当修練を積んで行動をパターン化しないと、体力が追いつきません)。

比較的後述の"黒い"デッキには苦戦を強いられることが多いです。
中途半端なパワーでは、高パワーを展開してくる相手には太刀打ちできませんし、そこから手札に響いてくると、回復やソウルなどの要素も中途半端になりがちで、押し負けやすいのがデメリットになります。
逆に、パワーゲーを展開してこない"白い"デッキ相手に対しては比較的有利となります。こちらの良い点をめいっぱいに使いながら、向こうのハンドを圧迫できるので、最終的なダメージレースで勝ちやすくなります。

特筆すべきこととして、ネオスタンレベルでのバランス重視デッキはプレイヤー個々人の力量差が出にくいものも多く、勝率を安定させやすいです。
反面で大会上位などを狙う際には、勝率を上げにくいというデメリットにもなり、このデッキタイプの選択は不利と考えても良いと思います。
もっとも、小毬やアイマスのように、取り得る選択肢の極端な多さからプレイヤーの力量を反映させやすいデッキもあり、一概には言えませんが……

○"黒い"デッキ

代表例:ネオスタン イクサ【赤青(緑)リームシアン】/フェアリーテイル【赤青(黄)グレイ】
いわゆる"パワーゲー”を行うデッキ群。
強大なパワーを利用して相手のハンドを0(またはそれに近い状態)に追い込み、結果として生まれる被ダメージの減少/与ダメージの増加を活かして勝利を狙います。

この手のデッキは、極限までパワーを高めることに特化しています。
手っ取り早いパンプ法は「助太刀」による大パンプで、それを考慮に入れて大量のカウンターを投入していることがあります。
助太刀を得た高パワーキャラは、《一方通行》か《全力全開なのは》でも無ければほとんど倒されません。
例えば、有名所のパワーを挙げてみると、


・《妖精の尻尾の魔導士グレイ》+《"ウルの涙"ウルティア》+《エルザ・スカーレット》+《治癒魔導士ポーリュシカ》=16500
・《リームシアン・ラ・ヴァース》+《アミタリリの付き人ファークリン》+《着替え中のシリル》+《心優しき騎士ガドフォール》=15500(《王の威厳》ならさらに+3000!)


こんなパワー、たいていのデッキでは突破不能ですよねw

「助太刀」をメインに据えたパワーデッキの場合、基本的に相手より先にレベルアップすることが求められます。
相手を待ち受けるパワーと自分から攻めにかかるパワーの差が大きいからです。
そのため、打点では負けている状態でレベル2をスタートすることが多くなりがちで、また相手の手札を食い尽くすまで耐え凌ぐ必要もあることから、できるだけ試合を長引かせる回復要素も重要になってきます。
この手の前衛を張るキャラはレベル3であることが多いので、そのCIP回復を活かしつつ、その他にも回復ギミックを搭載することになるでしょう。

弱点は、"白い"デッキ。
こういったデッキのハンドを刈取るのはかなり難しいですし、打点で負けている状態で高打点を喰らい続けると、盤面で勝っていてもダメージ差で押し切られることも多々あります。また、絡め手によるロックやコンボ系デッキにも対処手段が少なく、苦しい展開になりがちです。
こういったデッキを相手にする際には、自分の譲れない一線を思考におきつつ、ある程度終盤のパワーを諦めて前半戦に回すなどの思考も必要になってきます。
その点《着替え中のシリル》や《料理人シリル》《誇り高き人狼ドゥーガ》を擁し、ダメージについても十分コントロールできる【リームシアン】デッキは優れているとも言えます。

逆に、バランス型デッキに対しては無類の強さを誇ります。
《着ぐるみ佐々美》などの例外を除けば、基本的に最高の布陣を揃えた主力が負ける心配はないので、安心して回復しながら相手のハンドが0に近くなるまで待てばよいわけです。
経験則上2ターンも止め続ければ相手の主力カードは全滅するので、そこからはほぼチャンプしか受けず、非常に高い確率で「勝ち」を得ることができるでしょう。

○"白い"デッキ

代表例:スタン【小川アンリエッタ】/ネオスタン旧ハルヒ【3色ハルヒ】、旧リトバス【星屑小毬】
主に、絡め手での最終的勝利を狙うデッキ群を総称しています。

第一に、「レベル3圧倒型」。
例えば、全盛期の【小川アンリエッタ】というデッキは、

・《アンリエッタ・ド・トリステイン》と《着替え中のシリル》による無限超回復+「助太刀」「大活躍」による超パワー
・《追いかけっこ》などを用いた超ストック圧縮によって得られる鉄壁の山札
・《小川で遊ぼう!》《虚無のルイズ》《セーラー服のシエスタ》による圧倒的アドバンテージ
により、ほぼ「負けない」状況を作り出すことに主眼の置かれたデッキとなっています。
当然、アタッカーは《クオーター少女クド》《ビューティー男爵中ボス》程度しか入っていないし、レベル2で簡単に《飛天無双斬》を撃ったりしたりしたわけで、通常のヴァイスシュヴァルツとはかけ離れたゲームを展開します。
それでもハンドが維持されるのは、《小川で遊ぼう!》が生み出す莫大なアドバンテージのおかげです。
これにより、いくら序盤、中盤でダメージや盤面で負けていたとしても、「最終的な勝利」への布石を準備することができ、L3の盤面で圧倒することができるわけです。

ここで注目したいのが、あくまで「パワーの高さ」ではなく「テキストの強さ」によってデッキが成り立っている点です。
そういう意味ではコンボデッキに近いところがあり、"黒い"デッキとはかなり趣の変わったところでもあると言えます。

同じような理念の元に生み出されているのが《ネコミミみくる》や《トラブルガールハルヒ》を軸にした【3色ハルヒ】、《休憩!》《メイド服の美魚》《『星屑』氷室》を軸にした【星屑小毬】といったデッキ群です。
ハルヒならば《色褪せた世界》や《いつものハルヒ》、小毬ならば《おめかし小毬》でハンドを維持し、凶悪なレベル3で圧倒的なゲームを展開することに主眼が置かれています。
実際、《ネコミミみくる》(毎ターン追加)+《おめかし長門》+《ドジっ娘みくる》ロックは大半のデッキの打点を1~2まで低減し、《休憩!》を軸にした回復ギミックは10点以上の回復点を稼ぎ出し、並のネオスタンデッキを寄せ付けない強さを誇っていました。
この2つのデッキはネオスタンレベルとして序盤中盤の十分な戦闘力も持ちあわせており、その最終局面での圧倒的強さを評価され、2010年度の地区決勝大会を埋め尽くす結果となりました。

しかし、2010年度に入り、《セーラー服のシエスタ》に続いて《小川で遊ぼう》の禁止指定、年末の《色褪せた世界》《休憩!》の禁止指定と、ブシロード運営はこの手のデッキタイプを非常に嫌っているようです。
結局ネオスタンハルヒはハンドの安定軸を失ってデッキパワーを大きく落とし、小毬は"白い"デッキではなくバランスタイプのデッキとしての印象が強くなってしまいました。
今後もこのようなデッキが現れるのでしょうか。


この手のデッキタイプとしてもうひとつ挙げられるのは、高打点を連発したり圧縮を重視したりすることによる「ダメージレース勝利型」です。
主にネオスタンで活躍する一般的な"白い"デッキはこういったタイプのものが多いです。
単純なソウル+2ぶっぱもこの中にくくってよいと思います。俺が長らく使っていた【赤青ハルヒ】もこの中に分類するのがよいかな?と思います。
打点での勝利を狙うため、打点優位を奪いやすい"黒い"デッキの相手は比較的得意です。
ほぼ同列の"白い"「レベル3圧倒型」にも、相手が後半戦の準備を整える前に高打点レースに持ち込み、相手の思惑を瓦解させられる可能性もあり、やや有利に立ちまわることができるでしょう。
反面、上の理由でバランス型のデッキには苦戦が予想されます。

個人的には、旧小毬の強さは
「"白い"デッキとバランスデッキの2つの顔を併せ持っていた」
という点に尽きると考えています。
殆どの相手に不利を突かれることなく、臨機応変な対応が可能な部分こそが最有力デッキとしての地位を確立させたのではないでしょうか。
唯一有利を取れるのは《ネコミミみくる》と《異次元同位体みくる&みくる(大)》くらいでしたしね。


○コンボデッキ

代表例:ヴァイスサイド【小川キュルケ】/スタン・ネオスタンディスガイア【エトナループ】
確殺系デッキ群を指します。
相手のデッキをコントロールし、超大型打点を確実にぶち抜くことで一瞬で勝利を決めるデッキです。
例えば、《仲直り》等で控え室からCXを消して、《"世界の一番強いやつ"エトナ》を繰り返し使用し、致死量のカードをデッキトップに置き、超高ソウルを投げつけ一瞬でゲームを決めるなど。
自分のコンボが揃い、相手のクロックが射程圏内に入った時点でゲームがほぼ終わると言っても過言ではありません。
しかしその代償に、序盤中盤での盤面力は著しく低くなっていることがあり、コンボ以上に「どうやって相手をレベル3まで押し上げるか?」という点が問題になってくるデッキタイプでもあります。

その性質上、レベル3での攻防が多くなる「レベル3圧倒型」の"白い"デッキ相手に強いという特長があります。
受ける側としては、《幸せスパイラル小毬》《百人力の手練椎名》等の対策がぜひ欲しいところですが、そもそも使えないタイトルが過半で、あってもそれを超えるほどデッキに盛られたり、サイド・ダイレクトでダメージを通されたりするとどうしようもなかったります。

極端にパワーラインが低かったりすることが多く、「ダメージレース勝利型」の"白い"デッキなどには、準備を終える前にレベル3まで追い詰められたり、相手にレベル2前半で停滞されたり、と殆ど身動きが取れなくなってしまうことがあり、不利がつきます。

一般的なデッキにとしても、これらのデッキと当たる場合は、「自分のライフは21点」くらいの意識で望み、極力ダメージをカットしていくことで、有利に持っていくことができます。
また、ほぼ全てのデッキがデッキに干渉してくるので、同じくデッキへアプローチする「集中」を活用することで即死の状況を回避することができることもあります。
デッキ相性というより、自身のプレイングやカード知識が試されていると言ってよいと思います。

スポンサーサイト

edit ]

カテゴリ: ヴァイスシュヴァルツ考察

cm / 2    tb / 0   - page top -

この記事に対するコメント


更新お疲れ様です。この文量を1.5時間で……。
そして分かりやすいとか何事。
禁書は追加で科学と魔術が交差すれば、黒とも白ともバランスともつかない不思議な立ち位置になりそうと思うんですがどうでしょう。いや、それでもやや黒寄りですかね。

《冬の贈り物 インデックス》はカードナンバー的に1枚収録くさいですねー。
2011.02.06 15:49
URL | me #- [ edit ]

コメントありがとうございます。
返信遅れてしまい大変申し訳ありません。
>meさん
ブログ拝見させていただきました。
今までブログ運営されていたことに全然気付きませんでした;;
ディスガイア勢が増えるとか胸が薄くなるな……

《冬の贈り物インデックス》も考えて、自分はTD2箱+シングルですかね?
自分は禁書ブースターは少し固まってからデッキ作る日和見かもw
2011.02.17 17:04
URL | サマヨッタ #4N6uWjS2 [ edit ]

page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://samayotta.blog81.fc2.com/tb.php/444-ed95c8da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。