サマヨッタの活動記録Ⅲ

10« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»12

京都をさまようカードゲーマー。

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit ]

カテゴリ: スポンサー広告

cm / --tb / --   - page top -

04/05のツイートまとめ 

2011.04.06
Wed
12:45

samayotta

新井白石の読史余論はぜひ読んでおくべき。
04-05 23:47

@junker_1973 確かに、勉学一本槍の学者政治家は新井白石くらいしか知らないね。
04-05 23:46

細川明智荒木なんてのは機内でもトップクラスの知識人だったんじゃないかなぁ。当然富裕商人層も勉強はしただろうけど。
04-05 23:45

@junker_1973 細川幽斎のお弟子さんで有職故実頂いてますぜ。
04-05 23:43

@junker_1973 あの人死ぬ間際でも漢詩詠める当代屈指の文化人ですしねぇ。
04-05 23:39

とりあえず音読課題は駿台テキスト中心かな。しかしこの春期講習テキストは本当に秀逸だと思う。これを反復すれば、貴方も分詞マスター!
04-05 23:26

@junker_1973 一夜漬けで取れたら苦労しねーよwww
04-05 23:23

速単+速単上級と熟語帳関連の2種は継続して行うとして、後は解釈技術100をさくさく一日5題くらいのペースで。
04-05 23:22

とりあえず当面は英語は1日1長文を目安に、やっておきたい長文700、1000を段階的に潰す感じで行くか。
04-05 23:21

センター~4/8:82日 4/8~7/20:103日 へぇ、意外と夏休みまで時間あるものだな。英語を勉強する時間も少しは取れそうだな。
04-05 23:18

あと、問題を解くにあたっては、式を正確に操作する技術を訓練するのも重要な目的であることを肝に銘じること。当然丁寧に式をほぐし、最大限の計算工夫を取り入れて計算ミスの確率を引き下げる努力が要る。
04-05 23:11

当然中心に学習するのは確率・ベクトル・数列・整数・微積の5分野。この時期にそれ以外のものをやる余力があるのかが怪しい。
04-05 23:08

メイン教材を一対一に据えて解法の学習を行い、まず入試レベルの鍵を手に入れる。GWの過去問研究を通じて、使用されている解法とその構造を解析、夏休みまでの残り期間で文系プラチカによる演習を行う。
04-05 23:06

4月~7月期間のメイン教科は数学。そろそろ英語の比重を数学にシフトさせる頃合い。
04-05 23:03

細野数学シリーズを通じて、とにかく確率・ベクトルではそれなりに高度な話までカバーできるようにはなった。応用問題を題材にして議論できるだけの力がついたので、後はじっくり問題を検討していけば得点源になるはず。
04-05 23:01

数学はとにかくチャートレベルの話は最低限できるようにはなった。唯一触ってない論理集合は明日明後日で潰す。
04-05 23:00

他教科の兼ね合いを考えても、英語に時間を十分割けるのはせいぜいあと2ヶ月しかない。どうやって残りの時間で、長文の設問の解答精度を高めるか。それが課題。
04-05 22:58

唯一心残りがあるとすれば、やっぱり熟語。受験知識0に近い状態からのスタートからにすれば、着実に組み上げられているのは間違いないにしろ、それでも欠けが目立つ。熟語問題が怖い、さらに下線部和訳での失点が怖い。
04-05 22:55

春期講習を通じては、特に分詞の扱いに重点を置いた読解を行えるようになった。分詞絡みの和訳なら読めない気がしない。
04-05 22:53

文法、単語の定着率も2ヶ月前とは見違えるようになった。この分なら5月に入るころには速単上級まで行ける。
04-05 22:51

とにかく英語は望外の成長があった。精読を行えば難解な超長文でも十分読みこなせるだけの解釈力が出来たのは非常に喜ばしい。
04-05 22:50

残りリミットまで2日を残すばかり。振り返りをするべきとき。
04-05 22:49

世間の人ができることが出来なくて何としようか。
04-05 16:35

いやなにを今更なんだけど、世の中勉強すべき、勉強したいものは一杯あるんだなあと。
04-05 16:32

今日の収穫:何も知らないということを知った
04-05 16:31

今更ながらにカナダでやった作文講座はそれなりに役立つものだと実感。高校の授業で一番実用的だわw
04-05 13:25

イラスト良すぎて辛い。しかもRとかシャナは地獄やでぇ……
04-05 12:44

ヴィルさん流石であります。さすが原作絵は格が違った。
04-05 12:42

80語、150語というべきか。日本語の記述では210字で足りない足りないと泣き、英語の記述では150語が埋まらない埋まらないと泣く。
04-05 10:49

80字記述も同時にやったけど、こっちはサポートセンテンスをそう多くしなくていいから楽ね。
04-05 10:45

効率の面では、特に中盤のサポートセンテンスの形をテンプレート化して安定させたい。ここで展開を考える時間が惜しい。
04-05 10:44

意外に150字記述って辛い。これを試験会場でさっさと処理するのは、かなり場慣れしてないと苦しいはず。
04-05 10:43

字数さえあれば、南北朝動乱期の天皇/南朝の権威性の面から室町時代の武士社会を論ずるのも多分×にはならないはず。
04-05 00:39

何が言いたいかというと北畠親房が大好きなんである。
04-05 00:37

絶対150字じゃ足りない。400字までなら埋められる。
04-05 00:36

しかし室町難しすぎる。入れたいワード、忘れるワードが多すぎてまともな点数にならない。
04-05 00:36

花の慶次が大丈夫な人には、原作の隆慶一郎のも一緒に読むといいんじゃないかなぁと思います。ずいぶん見方が変わるんじゃないかなぁ。
04-05 00:09

ということで、「日本」とは何か/網野善彦 をおすすめしておきます。、論述云々考えようとしたら、こういうバックボーンもあっていいんじゃないかな。
04-05 00:04

スポンサーサイト

edit ]

カテゴリ: 未分類

cm / 0    tb / 0   - page top -

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://samayotta.blog81.fc2.com/tb.php/513-c9d1fb38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。