サマヨッタの活動記録Ⅲ

07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09

京都をさまようカードゲーマー。

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit ]

カテゴリ: スポンサー広告

cm / --tb / --   - page top -

【模試】第一回駿台全国判定模試 自己採点 

2011.05.02
Mon
00:16

国語:159
評論:50 小説:42 古文:34 漢文:33

現文:記述があってれば満点取れたはず。せいぜい2点範囲で収まるはず。
小説:さすがに1ミスは避けられませんでした。焦点の合わせ方がヘタ。
古文:「艷に」「やさしき」が分からないgmks。
漢文:訓読難しすぎワロタ&早覚え速答法読み込みなさい。

小説のフィフフィフが強かっただけ感がヤバい。
偏差値60後半乗るか乗らないか。


数学:144

小問集合:60/80 円と方程式:20/40 確率:24/40 数列:40/40
円と方程式はもう少し部分点貰えてもおかしくないはず。だいたい140前後に収まるとは思いますが。
二次関数の平方完成の問を、「y座標」を答えるところで「x座標」を書いて爆死しました。-10点とか生きていけない。
ただ、数列がアホみたいに簡単だったので(センターよりちょろい)、良く解らんけど結構高めに落ち着きました。

小問集合:1-1ジンクス。もうこれに尽きる。血眼になって必ず1-1だけは合わせる努力をするべき。
もう片方の失点のベクトルについては、さすがに両辺をaベクトルの二乗で割る発想は出てこなかったのでダメでした。
円と方程式:ラストの相加相乗平均が辛い。
確率:単純な発想間違いと数え上げのミスの2つ。後ろは救えない。
数列:ゴミのように簡単だった。センターよりちょろい。

とりあえず偏差値60は超えましたかね。y座標を書いてあれば偏差値あと2は上がったw


英語:130

長文Ⅰ:32/50 長文Ⅱ:40/50 長文Ⅲ:15/30 文法語法:28/40 リスニング:15/30

◯長文総括
間違えたところをリストアップすると、なんと21点分も空欄補充で失点していることが明らかになった。
4択の正答率と比較すると、明らかに習熟度不足が伺える。
長文における空欄補充問に対するアプローチの確立が当座の目標。
これに関しては誰かに要相談かも分からん。

長文Ⅱでは種割れ状態で文章を読破してました。
時間に急き立てられた窮地で発揮した馬鹿力かもしれませんが、どうやら速読の片鱗を感じ取ることに成功できたよう。

・頭の中で全体の構造が思い浮かぶ
・自分の位置している場所がどの部分なのかが分かる
・同格/対比/例示への高速処理

この3つが鍵っぽいイメージ。

◯文法/リス
不可算名詞修飾のsomeを間違えるとか吊ったほうがいい。
英作文がさらにゴミのようにできませんでした。これに関しちゃ、もう駿台のテキストと大矢英作をやり込む以外にないでしょう。
リスニングは速単で慣れている長文の聞き取りに関しては問題ないのに、前半の簡単な質疑応答で間違えるゴミカスぶり。
センター用のリスニング教材を購入して要対処。


どうやら英語は偏差値60超えないくさいです。Sα\(^o^)/

日本史:90

Sα認定取るためにやった。後悔はしていない。
Z会の「実力をつける日本史100題」の反復を行ったおかげで点数が+25点は上乗せされてるw
まさにドンピシャでしたからね。本当にこれを貸していただいたうちの学校の日本史の先生には頭が上がらないです。

・枢密院
・平城京の都市構造と人口
・「環濠集落」漢字練習
・大仏開眼供養は孝謙帝
・駅「屋」
スポンサーサイト

edit ]

カテゴリ: 模試

cm / 0    tb / 0   - page top -

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://samayotta.blog81.fc2.com/tb.php/537-40b1badf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。